介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修とは、かつてホームヘルパー2級と呼ばれる訪問介護員2級に相当する研修して、2013年の4月から全国で順次実施されるようになりました。

 

介護職員初任者研修は、テキストを用いて講師による座学形式の授業の他、車いすや人形などを用いた実際の介護に関する演習形式の授業、5日間の老人ホームなどでの施設実習の研修課程を終え、最後の筆記試験に合格した人を対象に修了証書が渡されることになっています。

 

現在、福祉・介護業界の慢性的な人材不足や、介護職員初任者研修を終えた後の就職難のしやすさなどから、介護職員初任者研修を受講する人は増加しており、ハローワークの職業訓練でも多く導入されていることからも、研修制度のさらなる周知に期待が高まっています。この介護職員初任者研修を修了した人は、介護の基礎的な知識及び技術を持っていることが認められやすくなり、老人ホームや老人デイサービス、身体障害者や知的障害者の支援に関する仕事への道が開けているといわれます。また、実務経験を積みながら、介護職員初任者研修よりも上級の資格であり、かつ国家資格である介護福祉士の取得にもつながることから、介護業界にとって非常に期待されている研修制度であることが伺えます

 

介護職員初任者研修の資格を取得する

介護職員初任者研修とは、介護職員やホームヘルパーとして働きたい人にとって大変有利な資格となっています。これまでホームヘルパーは2級と1級という風に区別されていました。しかし2013年の4月よりこのシステムは廃止になり、ホームヘルパー2級は介護職員初任者研修という名前に生まれ変わったのです。ただし2013年4月までに資格を取得できた人は、この研修の修了者とみなし介護の仕事をすることができます。介護職員初任者研修では、介護を行うにあたっての基礎的なことからじっくりと学ぶことができます。知識だけではなくその技術も学ぶことができるので、この研修終了後にはその資格を活かして就職や転職をする人もいます。また家で介護をするためにこの研修に参加し、知識や技術を学ぶ人もいます。基本的に、福祉施設等で介護の仕事をしたいという人には必ずと言っていいほど求められる資格です。ですから、そのような仕事に就きたいと思っている人にとってはこの資格はなくてはならないものになります。これまでのヘルパー2級の資格では、施設実習も含めた既定の学習を終わらせることで資格を取得できましたが、この介護職員初任者研修では最後の筆記試験に合格しなければ資格を得ることはできません。この点はこれまでのものと大きく異なります。

 

ヘルパー2級

需要が見込まれる資格

少子高齢化時代に伴い、求人もヘルパーの資格をもった方を募集されることが多くなりました。
以前はヘルパーの資格がなくても働けたものが、ある一定のスキルがあり直ぐに働ける即戦力を求められるように変わりつつあります。

 

特に福祉施設や老人保健施設での就業が多いと思いますが、この福祉関係の求人の需要はまだまだ衰えるものではありません。

 

ヘルパーの資格を取得しておけば、今後ステップアップしていこうと考えておられる方には大変役にたつ資格だといえるでしょう。
なぜならヘルパーの資格取得後3年間働けば、つまり実務経験を3年積めば介護福祉士の受験資格がもらえるのです。
これは専門学校で学ぶことと同じだと思ってください。
ヘルパーから介護福祉士に合格すれば給料もアップしますし、正社員で働こうとした時に役立つはずです。ヘルパー 資格

 

それから実務経験を5年間積めば、介護支援専門員の受験資格がもらえます。
介護支援専門員は、ヘルパーの仕事とは違い患者さんの生活に密着した生活支援プラン等を作成する仕事になります。
そしてさらに給料も格段にアップします。

 

仕事としても全国で需要があるので、どこに行っても仕事からあぶれる事はないでしょう。

 

仕事だけではなく、家族の介護にも専門的知識をもって接することができるので、いざという時に慌てることなく対処できます。

 

ヘルパーの仕事は体力的にも辛いかもしれませんが、それなりのメリットもあるやりがいのある職種だといえるでしょう。
介護職員実務者研修 → http://xn--xmqp1a31eoxcuzn5q8buvl7zad83e.com/