介護職員初任者研修

高齢化社会になり、ますますヘルパーの需要が高まっています。
また、自宅で介護をするために知識を得たいということから、ヘルパー資格を取る方もいます。
ただ、単にヘルパーといっても資格を取っただけでは一人前とは言えないようです。
基礎知識を身につけ、実際に実務経験を積むことが大切です

 

また、ヘルパーの仕事は、体力も必要ですし介護される方への思いやりの気持ちも必要になります。
高齢者の方や身障者の方の身の回りのお世話をするのですから、それなりのコミュニケーション能力も必要になります。

 

ヘルパーの資格は、各自治体の養成講座を受講したり、通信講座を受講することで取ることができます。
資格には3級、2級、1級があります。家庭で介護を行うのであれば3級程度で十分です。
ですが、介護施設などで働く場合には最低でも2級の資格が必要になります。

 

ヘルパー2級の資格取得には、講義・実技・介護実習など130時間の講習を受ける必要があります。
各自治体が主催するホームヘルパー講座を受講したり、通信制を利用し講習を受けます。
ただ、自治体が主催するヘルパー講座は、民間の養成講座に比べて安価なために、希望者が多く
定員オーバーになることも多いと言われています。

 

これからどんどんニーズが高まっていく資格ですから、取得しておくといいようですね